2008年05月14日

公債発行がなぜ停止できないのか

公債発行がなぜ停止できないのか疑問に思いませんか!

公債の発行の不具合で生じた借金

その対策の第一段は、昔に作った借金0に戻しましょう。

公債発行額が毎年30兆円以上が使われていす。

そのうち返済が43%で実際使えるのが残り57%の20兆円だけ、

まさに自転車操業で、さらに多年に渡っての累積がなんと508兆円、

もう何をかいわんやで、誰が見ても異常です。

対策を考える第一は「毎年度の公債発行を0としましょう」。

こうすれば公債(借金)は返済(利払・償還)だけとなり確実に減ります。

もう借金(公債)なんかやめて、昔のように0の時代に戻しましょう。

発行額を毎年10%づつ減らせば10年後には発行額が0となります。

返済(利払・償還)もその10年後には0になるでしょう。

この間各省が業務費用の削減に努めるのはもちろんです。

「金が足りなきゃ国民負担(増税)」なんて甘えないでください。

必ず改善に励んでください。

改善項目なんかいっぱいあります。

業務費用計算書に書かれている各省の主要業務(経費が高い項目)

が改善点の標的である事はもちろんです。

公務員の皆さん、全省が赤字なのですよ。

借金しながら何でお金を外へ支払い、貸し付けていたのか、真面目に考えてみてください。

お金の支払いを厳選し削減してください。

公務員の給料を公債(借金)で賄うなんて、もう国民は許しません。

なお今後の公債は常識通り歳入不足を補う為だけに使ってください。

入ってきたお金で全てまかなうのがどこの家庭でも当たり前のことです。

常識外れの公債は、やがて人は温かみを失い、社会は荒廃するでしょう。
posted by あちゃこ at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 公債 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96698206

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。